オステオパシーは、優しい手技で、からだに備わる治癒力を手助けし、赤ちゃんや小児、産前/産後の女性の健康増進にも大きく貢献します。 
オステオパシ-・クリニ-ク
さかもと治療院
-Clinique Ostéopathique-
“からだは自己治癒力を持っている”
“症状にとらわれず、真の原因を見付けて治療し、あとは、からだにまかせなさい”

 
    / A. T. スティル ( 医師・オステオパシー創始者 )
 
 “繰り返す足首の捻挫(ねんざ)” ~ その原因と、全身への影響 ~
 
      【全身のバランスにおける足の重要性】(その2)
  
 
 
  捻挫(ねんざ)の痛みはとれている。しかし、、、

 
 日々の臨床の場で、患者さんから、
 
「同じ側の足首を、何度も捻挫してしまう。」
 
 と、相談を受ける事があります。
 
 
 同じ側の捻挫を繰り返す場合は、
 
 靴の問題や、その他にも、色々な原因が
 
 考えられます。
 
 
         *
  
 
 しかし、オステオパシー医の目から見ると、
 
 そういった足首には、ある“共通の現象”
 
 が見られます。
 
 
 それは、
 
 
“足首の関節が、捻挫をした時の位置で
 
 固定されてしまっている”
 
 
 状態です。
 
 
       *
 
 
 足首を捻った時は、一時的に関節の位置が
 
 変わりますが、
 
 
 多くの場合、動かしているうちに、自然に
 
 元の位置に修正されます。
 
 
       *
  
  しかし、
 
 
 中には、足首が元の位置に戻らないまま、
 
 痛みだけは収まってしまっているケース
 
 があります。 
  
 
 足首の「痛み」は炎症が収まれば、
 
 無くなる為、
 
 
 患者さんにとっては、その捻挫は
 
 治った(?)ことに、なってしまうのです。
 
 
  
    足首の位置が変わると、何が変わる?

 
  では、足首の位置が片側だけ変わったまま
 
 放置すると、何が問題になるのでしょうか?
 
 
 それは、
 
 
①“足首が真っ直ぐに接地できなくなると、
 
  体の「重心線」が傾いてしまう”
 
   
②“傾いた「重心線」を補正する為に、
 
  膝→股関節→骨盤の位置が変わって

  きてしまう
 
 
  ことです。
 
 
 

 この状態が長く続くと、その影響は

 骨盤からさらに上へと続き、

 
 
③“骨盤の位置の変化”から、

  背骨→胸や背中のねじれ→首→

  顎関節や
頭の位置の変化 
 
 
 へと続きます。
 

 
         *
 
 
 このように、


 体の土台である、足の位置の異常は、
 
 
 骨格を通る「重心線」を変える事になり、
 
 
 その影響は、全身へと波及します。
 
 
 
 詳しくは、
 
 
 
 
 のページをご覧ください。
 
 
 
    なぜ、同じ側の捻挫を繰り返すのか?

 
 既に述べたように、
 
 
 捻挫を繰り返す側の足首は、 
 
“足首の関節が、捻挫をした時の位置で
 
 固定されて”います。 
 

 では、
 
 
 なぜ、足首の位置が捻挫した状態のまま、
 
 ずっと固定されてしまっているのでしょうか?
 
 
         
  それは、
 
 
  
 捻挫などで足首が無理な方向に引っ張られると、
 
 足首が伸びすぎるのを防ぐために、


 足首を支えている色々な組織が、瞬時に
緊張して

 守る為です。

 
  これは、自然に起こる

 体の防御作用(神経や筋肉の防御反応)

 です

         *


 同じ側の捻挫を繰り返す場合は


 多くの場合、この
緊張した足首の状態が

 ぞのまま残ってしまっています。
  
  
 
 
 その結果、
 
 
 足首自体が、捻挫した方向に曲がりやすく
 
 なっており
 
 
 まるで、その方向に道が出来たかのように、
 
 同じ足の捻挫を繰り返す事となります。     
 
 
         *
 
 
  
 
         *
 
 
 オステオパシーの検査で、そういった状態を

 見つけた時は、

 
 まず捻挫により起こった、体の防御反応を

 解除します。
 
 
 
 
 瞬時に収縮する事で、足首の関節を守った
 
 それらの組織に、
 
 
 「もう、大丈夫ですよ」
 
 
 と、新しい情報を送ってあげるのです。
 
 
         *  
 

 具体的には、足首から
神経を介して
  
 脊髄や脳に新しい情報を送り、からだの

 防御反応を
解除します。
 
 
         * 


 そうすると、緊張から解放された
足首は、
 
 
 捻挫をした時の位置から、元の正常な
 
 位置へと、
 
 
 自然に戻っていくのです。
 
 
 
 
       ↑このページの最初に戻る

  
 


  
Clinique
Ostéopathique
 


  オステオパシー・クリニーク
  さかもと治療院(予約制)

 *午前 9:30よりご予約の
  受付を開始致します。

03 ( 3793 ) 0116

*治療中、重要な局面の場合、
 お電話をいただいても出られ
 ない事があります。

 その場合は、大変お手数です
 が、しばらく時間を置いて、
 再度 おかけ直しくださいま
 すよう、お願い申し上げます。

   

    診療時間

 ・午前10時~12時30分 

 ・午後1時30分~6時

 * 木曜日午後休診 

 * 土曜日午後4時まで 

        
休診日

 火・木(午後)・日・祝日



   〒152-0003

 東京都目黒区碑文谷2-21-6


 キャッスル共進ビル2階