オステオパシーは、優しい手技で、からだに備わる治癒力を手助けし、赤ちゃんや小児、産前/産後の女性の健康増進にも大きく貢献します。 
オステオパシ-・クリニ-ク
さかもと治療院
-Clinique Ostéopathique-
“からだは自己治癒力を持っている”
“症状にとらわれず、真の原因を見付けて治療し、あとは、からだにまかせなさい”

 
    / A. T. スティル ( 医師・オステオパシー創始者 )
    股関節の痛み(その2) 横浜市 30代 女性 【基本治療】

     ~予防医学としてのオステオパシーの役割~
 




  
「歩いていて、急に右の股関節が痛くなった。


   初めは動作時の痛みだけだったのが、


   最近は、じっとしていても痛みが気になる

   ようになってきた。」



     《 整形外科の検査の結果 》

   レントゲンでは、股関節には異常なし




 
オステオパシーの診断で見つかった機能障害 》


 
    ・右の卵巣の下垂


    ・尾骨の変位

    ・骨盤内リンパのうっ滞
    


         *


*この方の、右の股関節を検査してみると、

 関節包(かんせつほう)という、


 関節を包んでいる膜に、軽度のねじれが

 あった。
 

             

 しかし、股関節の可動検査は、正常の範囲で

 あり、
あまりその影響を受けていない。


         *


 そこで、“オステオパシーの診かた”で、

 からだの繋がりに着目して診ると・・・




 この方の右股関節の痛みの原因は、

 “右の卵巣の下垂”であった。


         * 



 この方は、尾骨の変位により、骨盤内の

 膜が右側に引っ張られている。


 その結果、右側の骨盤内に

 “リンパ液の
うっ滞”がおき、


         *

 うっ滞したリンパ液が、網の目のような

 リンパ管を通して、


 右の卵巣を下に引っ張っていた。


         *


 おそらく、右の卵巣の下垂により、

 “卵巣の循環が障害”されて、


 右の股関節周辺に、痛みを出していた

 と思われる。




   《 オステオパシー治療の内容 》 

 

①まず、尾骨の変位をやさしく矯正。



 この時点で、骨盤内の膜の緊張が緩む。


         *


②続いて、骨盤内に溜まったリンパ液を

 少しずつ流していく。


 リンパが流れ、骨盤内のリンパ液のうっ滞が

 解消されると、


 右の卵巣にかかっていた、テンションが

 緩むのを感じる。

         *


③最後に、右の卵巣の動脈循環を確認して、

 治療終了。



 再度来院した際、お話を伺うと、治療の翌日

 から、痛みは消失したとの事。



         *

 

 治療後の問診では、特に、尾骨をぶつけた訳でも

 無い様子。
 
 
 
 この方は、二児のお母さんでもあり、おそらく、
 
 出産時に骨盤が緩んだ際、尾骨が変位し、


 産後も、そのままになっていた
可能性が
 
 あります。


         *


 ここで、この方の病態の変化を推測してみましょう。

         *

         *


①尾骨が変位し、骨盤内の膜を右に引っ張る。



 やがて、右の骨盤内のリンパ循環が滞ってくる。




②右の骨盤内に、だんだんと、リンパ液が

 うっ滞してくる。



 うっ滞したリンパ液は、リンパ管を通して、

 右の卵巣を下に引っ張るようになる。




③下に引っ張られている右の卵巣の、

 動脈循環が
悪くなってくる。


 この右の卵巣の循環制限を“右股関節の痛み”

 として、感じていた可能性がある。



         *

         *


 この症例のように、仙骨や尾骨の変位が、

 骨盤内の膜を緊張させ、

 
 結果として、卵巣や子宮の循環に影響を及ぼす

 ケースがあります。


         *


 オステオパシー的な検査は、医療機器による

 検査と
対立するものではなく、



 より良い健康状態を実現する為に、お互いに

 補完しあうものです。


         *


 オステオパシーの役割は、数値に表れない

 こういった兆候を、いち早く見つけ、



 からだが、病的な状態になるのを、未然に

 防ぐ事にあります。




     ↑このページの最初に戻る



 
↷「オステオパシーの臨床例」のページに戻る


  
Clinique
Ostéopathique
 


  オステオパシー・クリニーク
  さかもと治療院(予約制)

 *午前 9:30よりご予約の
  受付を開始致します。

03 ( 3793 ) 0116

*治療中、重要な局面の場合、
 お電話をいただいても出られ
 ない事があります。

 その場合は、大変お手数です
 が、しばらく時間を置いて、
 再度 おかけ直しくださいま
 すよう、お願い申し上げます。

   

    診療時間

 ・午前10時~12時30分 

 ・午後1時30分~6時

 * 木曜日午後休診 

 * 土曜日午後4時まで 

        
休診日

 火・木(午後)・日・祝日



   〒152-0003

 東京都目黒区碑文谷2-21-6


 キャッスル共進ビル2階