オステオパシーは、優しい手技で、からだに備わる治癒力を手助けし、赤ちゃんや小児、産前/産後の女性の健康増進にも大きく貢献します。 
オステオパシ-・クリニ-ク
さかもと治療院
-Clinique Ostéopathique-
“からだは自己治癒力を持っている”
“症状にとらわれず、真の原因を見付けて治療し、あとは、からだにまかせなさい”

 
    / A. T. スティル ( 医師・オステオパシー創始者 )
 
     『骨盤5つの重要なチェックポイント:
 
       ~ オステオパスの見ている世界(その2) ~
 

    まず第1に、“動くかどうか”
 
 
オステオパシー医は『骨盤を矯正する』時に、
 
見た目の形だけではなく、
 
 
いくつかの重要なポイントをチェックして
 
います
 
          *
 
 
まず、1つ目のポイント、それは、
 
 
①骨盤の連結部分が“動くかどうか”
 
 
です。
 
 
 
骨盤にはいくつかの連結部分があり、
 
 そこが動く事で、
 
 腰椎や骨盤、股関節にかかる負担を、
 
 うまく逃がしています。
 
 
 
 骨盤のこの連結部分が、何らかの理由で
 
 動かなくなると、
 
 
 腰痛、股関節の痛み、膝の痛みなど、
 
 様々な症状を起こす事があります。

 
 そこで、まずは、骨盤の連結部分が、
 
 きちんと動いているかどうかを、
 
 チェックします。
 
 
 
 
    骨盤の中の“内臓の位置”

 
骨盤の骨を「入れ物」とすると、
 
次に診るのは 骨盤の「中身」、
 
 
②骨盤の中の“内臓の位置”
 
 
です。
 
 
骨盤の中には、腸の一部や、膀胱、
 
 女性では、子宮、卵巣、収まって
 
 います。
 
 
 
“内臓の位置の異常は、病気の始まり”
 
 という言葉もあるように、
 
 
 骨盤の中の“内臓の位置”は、
 
 必ずチェックする必要があります。
 
 
 
特に女性の場合、骨盤の仙骨や腸骨の歪み
 
 によって、
 
 
 子宮や卵巣の位置変わってしまっている
 
 ケースが多く、
 
 
 この場合は、必ず位置を矯正する必要が
 
 あります。
 
 
 
 
 
    骨盤の中の“神経の状態”
 
 
 
次にチェックしなければならないのは、
 
 
③骨盤の中の“神経の状態”
 
 
です。
 
 
例えば、骨盤の仙骨の歪みにより、
 
骨盤の中の神経が刺激されている場合、
 
 
おしりから腿の裏にかけて伸びている、
 
坐骨神経に沿った痛みを出す事があります。

 
 
この場合は、坐骨神経を刺激している、
 
仙骨の歪みを、矯正する必要があります。


 
    “最も重要なチェック・ポイント”~ 骨盤の中の“血液・リンパ液の循環”~

 
最後に、まだチェックしていない、
 
2つの重要なチェック・ポイントがあります。
 
 
それは、
 
 
④骨盤の中の“血液の循環”
 
 
⑤骨盤の中の“リンパ液の循環”
 
 
です。
 
 
ここでは、骨盤の中の動脈血、静脈血、
 
 リンパ液が、スムーズに流れているか
 
 どうか、をチェックします。
   
 
 
例えば、骨盤の仙骨の歪みにより、骨盤の中の
 
 内臓に繋がる血管が、引っ張られているケース
 
 があります。
 

  そうすると、いったい、何が問題になるのでしょうか?


          *

 例えば、、、
 

右の卵巣に繋がる“動脈”が引っ張られている場合は、
 
 右の卵巣には、十分に栄養が送られません。
 
 
 右の卵巣から出ている“静脈”が引っ張られている場合は、
 
 右の卵巣からは、老廃物がうまく排出されません。
 
 
          *
 
 
 そういった状態が、長い間、続いた場合、
 
 
 右の卵巣の状態に、何らかの変化が起きてくる
 
 可能性があります。
 
 
 また、ホルモンの働きにも、影響を及ぼす
 
 可能性があります。
 
 
 
 実際の臨床の現場では、骨盤の仙骨や、
 
 その他のからだの歪みによって、
 
 
左右どちらかの子宮や卵巣の動脈
 
 引っ張られているケース”
 

 
が多く、


 自覚症状や、婦人科の病気の有無に
 
 かかわらず、頻繁に見られます。
 
 
 
また、骨盤の中のリンパ管が引っ張られている
 
 場合は、骨盤内にリンパ液がうっ帯しています。
 
 
 その場合は、
 
 
 下肢がむくみやすい、などの症状が出たり、
 
 
 卵巣周囲のリンパ液のうっ帯により、卵巣の位置が
 
 変わってしまっているケースもあります。
 
 
 
 
    『骨盤を矯正する』という事


 以上のように、『骨盤を矯正する』時に

 大切な事は、

  
 見た目の形だけではなく、
 
 
 骨盤の連結部分が“動くかどうか”
 

 骨盤の中の“内臓の位置”
 
 骨盤の中の“神経の状態”
 

 骨盤の中の“血液の循環”
 
 ⑤骨盤の中の“リンパ液の循環”
 
 
 を慎重にチェックする必要があります。
 
 
 
 
 オステオパシー医が『骨盤を矯正する』
 
 と言う時、それは、
 
 
 以上のような、
 
 
 骨盤の“5つの重要なチェック・ポイント”を、
  
 
 すべて正常にする事、
 
 
 
 
  
 

 
 
 


  
Clinique
Ostéopathique
 


  オステオパシー・クリニーク
  さかもと治療院(予約制)

 *午前 9:30よりご予約の
  受付を開始致します。

03 ( 3793 ) 0116

*治療中、重要な局面の場合、
 お電話をいただいても出られ
 ない事があります。

 その場合は、大変お手数です
 が、しばらく時間を置いて、
 再度 おかけ直しくださいま
 すよう、お願い申し上げます。

   

    診療時間

 ・午前10時~12時30分 

 ・午後1時30分~6時

 * 木曜日午後休診 

 * 土曜日午後4時まで 

        
休診日

 火・木(午後)・日・祝日



   〒152-0003

 東京都目黒区碑文谷2-21-6


 キャッスル共進ビル2階