オステオパシーは、優しい手技で、からだに備わる治癒力を手助けし、赤ちゃんや小児、産前/産後の女性の健康増進にも大きく貢献します。 
オステオパシ-・クリニ-ク
さかもと治療院
-Clinique Ostéopathique-
“からだは自己治癒力を持っている”
“症状にとらわれず、真の原因を見付けて治療し、あとは、からだにまかせなさい”

 
    / A. T. スティル ( 医師・オステオパシー創始者 )

      背骨の中の“うっ血”
~産後の腰痛 (その3)~
 
       世田谷区 30代 女性  『頭蓋仙骨治療』  




  
「出産前から、時々、腰痛があった。
 
   2人のお子さんを、無痛分娩にて出産。
 
 
   第2子出産後、数年して腰痛が悪化。
 
   長時間座ったり、仰向けに寝ていると、
 
   右腰から脚にかけて痛みが出る



    《 整形外科の検査の結果 》

   レントゲンの画像では、腰の骨や、

   椎間板には、特に異常なし



          *



《 オステオパシーの診断で見つかった機能障害 》
 

   ・背骨の中、脊髄(せきずい)静脈の“うっ血”
 
 
          *     

  背骨の中には、神経の束である脊髄が入って
 
  おり、その周りには、血液が流れています。
 
 
  この方は、からだのねじれから、

 “背骨の中の
血液の流れ”が悪くなって

  いました。
 
 
  その結果、


  腰部の背骨の中や、骨盤のおしりの真ん中

  (仙骨の中)に
静脈血のうっ血”が診られ、


  脊髄を包んで保護している、脊髄硬膜が

  引っ張られていました。
 
 
         *
 
 
 “本来、背骨の中の血液は、座っていても、
 
  寝ていても、自然に心臓に流れていく”

  のですが、
 
 
  この方は、からだのねじれによる膜の緊張により、

  背骨の中の血液が流れにくくなっていました。
 
 
  そのため、


 “背骨の中が、うっ血しやすくなっている為、
 
  腰や脚に痛みが出ている可能性”


  がありました。
 
 



     《 オステオパシー治療の内容 》 


  まず、背骨や仙骨、下肢や脊髄のねじれを取り、
 
  その後、脊髄(せきずい)静脈の排出路を開放。
 
 
  背骨の中で“うっ血”した静脈血が、自然に流れて

  いけるように、
通り道を開ける。
 
 
          *


  最後に『頭蓋仙骨治療』で、脳脊髄液の流れを
 
  良くし、脊髄のクリーニング機能を促して、

  初回の治療を終了。

 
          *

 
  2週間後に再診。痛みは前回の3割ほどに
 
  なったとの事。
 
 
  まだ少し、背骨の中の“うっ血”が残っているので、
 
  ひき続き、排出路を開けて血液の排出を促す。
 
 
 
  この後、3週間置きに2回の治療で、
 
  痛みは消失。


  背骨の中の血液がきちんと排液されている事を

  確認し、治療終了。
 
 
  
          *


  この背骨の中の“脊髄(せきずい)静脈のうっ血”は、
 
 
  ●「無痛分娩」で出産された方で腰痛がある方、
 
  ●「慢性の腰痛」、
 
 
  ●「あお向けに寝ていると腰が張る」
 
  ●「長時間立ったり、座っていると腰が痛くなる」
 
 
  といった方に良く見られます。
 
 
  
  いずれも、レントゲンなどの検査では、
 
  特別な異常が見られない事が多く、



 “背骨の中のうっ血”が、きちんと
排液できる

  ように、
手助けをしてあげる必要があります。



  

     ↑このページの最初に戻る


   ↷「オステオパシーの臨床例」のページに戻る


  
Clinique
Ostéopathique
 


  オステオパシー・クリニーク
  さかもと治療院(予約制)

 *午前 9:30よりご予約の
  受付を開始致します。

03 ( 3793 ) 0116

*治療中、重要な局面の場合、
 お電話をいただいても出られ
 ない事があります。

 その場合は、大変お手数です
 が、しばらく時間を置いて、
 再度 おかけ直しくださいま
 すよう、お願い申し上げます。

   

    診療時間

 ・午前10時~12時30分 

 ・午後1時30分~6時

 * 木曜日午後休診 

 * 土曜日午後4時まで 

        
休診日

 火・木(午後)・日・祝日



   〒152-0003

 東京都目黒区碑文谷2-21-6


 キャッスル共進ビル2階