オステオパシーは、優しい手技で、からだに備わる治癒力を手助けし、赤ちゃんや小児、産前/産後の女性の健康増進にも大きく貢献します。 
オステオパシ-・クリニ-ク
さかもと治療院
-Clinique Ostéopathique-
“からだは自己治癒力を持っている”
“症状にとらわれず、真の原因を見付けて治療し、あとは、からだにまかせなさい”

 
    / A. T. スティル ( 医師・オステオパシー創始者 )

  ●医療として発展してきたオステオパシー


  医師が始め、医療として発展したオステオパシー



  オステオパシーは、西洋医学の医師であった

  “アンドリュー・テイラー・スティル”によって、

  1874年にアメリカで発表された、西洋医学の

  整体治療の体系です。



  手技により、からだの持つ自然な生理機能を整え、

  からだに備わる“自己治癒力”のメカニズムを

  サポートするように研究されています。



           *


  スティル医師が亡くなった後も、

  オステオパシー、は医学的・科学的な

  研究、発展をし続けました。


  
現在では、アメリカにオステオパシーの

  医科大学が20校以上設立され、


  イギリス、フランス、カナダ、

  オーストラリアなどでも、
医療として

  正式に認可されるようになりま
した。



  整形外科的な領域だけではなく、

  救急医療から、小児科、婦人科など、

  あらゆる分野でオステオパシーの治療技術が

  活用されています。




  例えば、現在、世界トップレベルと言われる

  フランスでは、婦人科の医師が、


  日々の診察でオステオパシーの治療を併用

  しているケースもあります。

           *

  現在も、オステオパシー医科大学や

  オステオパシー医院での


  最新の医学研究や、臨床データを基に、

  日々、手技の技術が見直され、改良と

  進化を続けています。



  オステオパシーの特徴

 

  オステオパシーでは、痛みの出ている部位

  だけではなく、からだ全体を診て、

  本当の原因はどこにあるのかを注意深く

  探します。


  “なぜ、からだ全体を診るのか?”


  それは、痛みの出ている場所以外に、

  本当の原因が見付かる事があるからです。


           *


  例えば、腰痛の原因が、内臓を支える膜の

  緊張が原因であ
るケースもあります。


  “この場合は、背骨を矯正しても、

   何の効果もありません。”


  なぜなら、原因は背骨には無いからです。


           *


  オステオパシーの治療は、人体解剖学や

  生理学などの基礎医学に則った、安全で

  ソフトな
手技を使用します。



  オステオパシー
治療の対象となるのは、


     ①脊椎 (頸椎・胸椎・腰椎・仙骨・尾骨)

     ②肋骨 (胸骨・肋軟骨を含む)

     ③骨盤


     ④上肢 (肩・肘・手首・手の指)

     ⑤下肢 (股関節・膝・足首・足の指)


     ⑥頭蓋骨 (顎関節を含む)

     ⑦硬膜・脊髄硬膜

     ⑧脳神経・末梢神経


     ⑨内臓

     ⑩筋肉 (筋紡錘・ゴルジ腱器官)

     ⑪筋膜・結合組織


     ⑫血管 (動脈・静脈)

     ⑬リンパ管・リンパ液


  など、からだ全体です。


           *


  
これらの部位を治療し、患者さんの脳や

  脊髄に、組織の正しい情報が送られると、


  血液の流れや神経の伝達が改善されます。


           *

  その結果、組織の生理機能や、からだの

  内部環境が整い、


  からだに備わる“自己治癒力”が

  働き始めます。

           *

  そうすると、滞っていた血
液やリンパ液の循環、

  神経系のバランスが整い、回復に向けてからだが

  動きだします。



  オステオパシー治療の後は、からだに備わる

  “自己治癒力”が治療の続きをしてくれる為、


  毎日のように通ったり、頻繁に治療する必要は

  ありません。

           *


  症状や状態により変わりますが、治療後は

  1~3週間、からだに修復の為の時間を与え、


  組織を回復させてから次の治療を行なう

  のが特徴です。





       ↑このページの最初に戻る 



      ↷「初めての方へ」のページに戻る


  
Clinique
Ostéopathique
 


  オステオパシー・クリニーク
  さかもと治療院(予約制)

 *午前 9:30よりご予約の
  受付を開始致します。

03 ( 3793 ) 0116

*治療中、重要な局面の場合、
 お電話をいただいても出られ
 ない事があります。

 その場合は、大変お手数です
 が、しばらく時間を置いて、
 再度 おかけ直しくださいま
 すよう、お願い申し上げます。

   

    診療時間

 ・午前10時~12時30分 

 ・午後1時30分~6時

 * 木曜日午後休診 

 * 土曜日午後4時まで 

        
休診日

 火・木(午後)・日・祝日



   〒152-0003

 東京都目黒区碑文谷2-21-6


 キャッスル共進ビル2階