オステオパシーは、優しい手技で、からだに備わる治癒力を手助けし、赤ちゃんや小児、産前/産後の女性の健康増進にも大きく貢献します。 
オステオパシ-・クリニ-ク
さかもと治療院
-Clinique Ostéopathique-
“からだは自己治癒力を持っている”
“症状にとらわれず、真の原因を見付けて治療し、あとは、からだにまかせなさい”

 
    / A. T. スティル ( 医師・オステオパシー創始者 )
    産後の腰痛(その1) 目黒区 30代 女性 【基本治療】  

 
  「学生時代から、腰が痛くて長時間立って

   いられない。


   1人目の子を出産後、腰の痛みが強くなる。


   その後、2人目、3人目と出産を経験する

   たびに、痛みがひどくなってきた」



      《 整形外科の検査の結果 》

  レントゲンでは、腰の骨や椎間板に異常なし



          *


  オステオパシーの診断で見つかった機能障害 》


    ・骨盤の仙腸関節の変位(腸骨側)

    ・恥骨結合のずれ

    ・左の足首のねんざの不完全治癒



 この方は、骨盤の3つの関節がずれて

 出産後も、正常な位置に戻っておらず、


 骨盤が背骨の土台として、正しく
機能

 していない状態であった。



          *




  さらに、昔ねんざしたという、足首が

  固くなって、動きにくくなっており、


  地面に対してまっすぐ立てずに、骨盤や

  腰に負担がかかりやすくなっていた。



          *


    《 オステオパシー治療の内容 》 



 ①まず、足首の関節を正しいポジション

  に戻し、地面に対して真っ直ぐ立てる

  ように、
からだの重心バランスを修正。


          ↓

 ②次に、骨盤の仙腸関節と、恥骨結合

  ずれ
を矯正して、骨盤を、構造力学的に


  釣り合いの取れた状態に戻す。

          ↓

 ③さらに、骨盤底の筋肉や、膜の緊張を

  ゆるめて、骨盤にかかる力のバランス

  を修正。

          ↓

 ④最後に、2次的な影響を受けていた、

  骨盤内の子宮動脈を解放し、


  婦人科系臓器への血液循環を回復させて

  治療終了。


          *



  治療後は、手当てがソフトな為、何をされたか

  分からない、まだ痛みが取れてない、


  といった様子だったが、翌日の朝、劇的に

  痛みが改善したとの事。

          *

  その後、2回の調整で痛みは、ほぼ完全に

  無くなり、立っていても腰が痛まなくなった、

  と、大変喜ばれる。

          *

  現在はご本人の希望もあり、腰痛予防と

  体調管理の為、


  子育てで忙しい時間をやりくりし、

  1~2か月に1回程のペースで通院して

  からだの状態をチェックしている。 



    ↑このページの最初に戻る



 ↷「オステオパシーの臨床例」のページに戻る


  
Clinique
Ostéopathique
 


  オステオパシー・クリニーク
  さかもと治療院(予約制)

 *午前 9:30よりご予約の
  受付を開始致します。

03 ( 3793 ) 0116

*治療中、重要な局面の場合、
 お電話をいただいても出られ
 ない事があります。

 その場合は、大変お手数です
 が、しばらく時間を置いて、
 再度 おかけ直しくださいま
 すよう、お願い申し上げます。

   

    診療時間

 ・午前10時~12時30分 

 ・午後1時30分~6時

 * 木曜日午後休診 

 * 土曜日午後4時まで 

        
休診日

 火・木(午後)・日・祝日



   〒152-0003

 東京都目黒区碑文谷2-21-6


 キャッスル共進ビル2階