オステオパシーは、優しい手技で、からだに備わる治癒力を手助けし、赤ちゃんや小児、産前/産後の女性の健康増進にも大きく貢献します。 
オステオパシ-・クリニ-ク
さかもと治療院
-Clinique Ostéopathique-
“からだは自己治癒力を持っている”
“症状にとらわれず、真の原因を見付けて治療し、あとは、からだにまかせなさい”

 
    / A. T. スティル ( 医師・オステオパシー創始者 )

     ●からだは“自己治癒力”を持っている


 オステオパシーは、優しい手技で、からだに備わる

 “自己治癒力”を手助けします。


         * 


 からだが、自分の力で、自分を治療出来るように、

 身体内部の環境を整える事に、全力を尽くします。






  なぜ、オステオパシーは、血管やリンパ管、神経を治療するのか ?


オステオパシーは、筋肉や骨格だけでなく、


 ・血管 (動脈や静脈)


 ・リンパ管 (胸管や乳ビ槽を含む) 


 ・神経 (末梢神経や脳神経)



 に対しても、治療をおこないます。



 それは、なぜでしょうか? 

 

  血液とリンパ液、神経の“正常な流れ”を取り戻


 その理由は、からだに元々備わっている、


“自己治癒力
(自分の力で、自分を治療する力)


 を手助けする為です。

         *

 からだに備わる“自己治癒力”が、存分に

 働く為には、




 ・血液の流れ

 ・リンパ液の流れ


 ・神経の信号


 が、途中で何にも邪魔されずに、正常に、

 スムーズに流れる必要があります。


         *


 からだの中には、血管やリンパ管、

 神経を包んでいる“膜(まく)”があります。


 
 その膜に緊張やストレスが加わると、


 血液やリンパ液、神経の正常な流れを

 妨げてしまう事があります。



 そうすると、その部分の組織や細胞は、

 正しく機能しなくなってしまいます。



  オステオパシー治療の内容


 その為、オステオパシーの治療では、

 からだ全体の歪みをチェックして、


 血液やリンパ液、神経の流れを

 邪魔している部位を見付け出します。



 そして、歪みを調整し、膜の緊張を

 緩めて、


 血液やリンパ液、神経が

 流れやすくなるように手助けをします。



*参考ページ: 何を診ているの? 
 



  からだの“自己治癒力”を手助けする


 このように、オステオパシー医師は、



 患者さんが治療院を出た後も、からだが、

 自分の力で自分を治療出来るように、


         
 からだの歪みを取り去り、血液やリンパ循環、

 神経の流れを良くして、からだの内部の

 環境を整え、


         
 患者さんの、からだの“自己治癒力”が

 うまく働くように、手助けをして

 いるのです。


         *


 オステオパシーを創始した、A.T.スティル医師は、

 この事を、次のように言い表しています。


         *


“見付けて、治療し、後はからだ
にまかせなさい”


        ― A. T. スティル (医師・オステオパシー創始者) ―







    ↑このページの最初に戻る        


↷「オステオパシーにできること」の一覧ページに戻る


  
Clinique
Ostéopathique
 


  オステオパシー・クリニーク
  さかもと治療院(予約制)

 *午前 9:30よりご予約の
  受付を開始致します。

03 ( 3793 ) 0116

*治療中、重要な局面の場合、
 お電話をいただいても出られ
 ない事があります。

 その場合は、大変お手数です
 が、しばらく時間を置いて、
 再度 おかけ直しくださいま
 すよう、お願い申し上げます。

   

    診療時間

 ・午前10時~12時30分 

 ・午後1時30分~6時

 * 木曜日午後休診 

 * 土曜日午後4時まで 

        
休診日

 火・木(午後)・日・祝日



   〒152-0003

 東京都目黒区碑文谷2-21-6


 キャッスル共進ビル2階