オステオパシーは、優しい手技で、からだに備わる治癒力を手助けし、赤ちゃんや小児、産前/産後の女性の健康増進にも大きく貢献します。 
オステオパシ-・クリニ-ク
さかもと治療院
-Clinique Ostéopathique-
“からだは自己治癒力を持っている”
“症状にとらわれず、真の原因を見付けて治療し、あとは、からだにまかせなさい”

 
    / A. T. スティル ( 医師・オステオパシー創始者 )

『治療後2、3日してから、だんだん楽になってきましたが?』



 
単にその場だけ痛みを麻痺させるのではなく、

 本当の意味でからだが回復するには、

         *

 切り傷がだんだん治っていく時のように、

 組織が修復される為の時間が必要になります。





例えば、からだの歪みを取り去り、患部に

 動脈血の流れが回復すると、次のような事が

 起こります。
         *

 ①患部に動脈からの新鮮な血液が流れ込み、

  組織に酸素と栄養が与えられます。

         * 

 ②動脈血が流れ込む力は、患部に溜まっていた

  老廃物や、発痛物質を、患部の外に押し出し、

  流し去ります。
         *

 ③
この循環のプロセスを経て、患部の傷んだ

  組織が少しずつ修復
され、痛みが軽減したり、

  機能が回復して
いきます。

         *

 治療当日よりも、2、3日後、あるいは

 1週間後
の方が、からだの変化を感じるのは、

 そ
の為です。




  からだの歪みによって、血液循環、リンパ液の流れ、

 神経の伝達が障害された状態が長く続くと、

         *

 怪我や故障からの回復が遅れたり、痛みがなかなか

 改善されない事があります。

         *

 患部に
栄養が充分に運ばれず、老廃物も回収されずに

 うっ滞し、神経の伝達もうまくいかない。


         *

 そのような状態では、からだの“自己治癒力”が

 働く事が出来なくなってしまうのです。


         *


  
その為、オステオパシーの治療では、

         *

 患者さんが治療院を出た後も、からだが、

 自分の力で自分を治療出来るように、

         *

 からだの歪みを取り去り、からだの内部の

 環境を整える事に全力を尽くすのです。







 ↷「よくある質問 Q&A」のページへ戻る 


  
Clinique
Ostéopathique
 


  オステオパシー・クリニーク
  さかもと治療院(予約制)

 *午前 9:30よりご予約の
  受付を開始致します。

03 ( 3793 ) 0116

*治療中、重要な局面の場合、
 お電話をいただいても出られ
 ない事があります。

 その場合は、大変お手数です
 が、しばらく時間を置いて、
 再度 おかけ直しくださいま
 すよう、お願い申し上げます。

   

    診療時間

 ・午前10時~12時30分 

 ・午後1時30分~6時

 * 木曜日午後休診 

 * 土曜日午後4時まで 

        
休診日

 火・木(午後)・日・祝日



   〒152-0003

 東京都目黒区碑文谷2-21-6


 キャッスル共進ビル2階